『GIO 2018 IWRF ウィルチェアーラグビー世界選手権』 JAPANが世界の頂点に!

2018年08月16日

2018年8月5日~10日まで6日間に渡り、世界から12か国の代表チームが集まり、国を背負って戦う大会「GIO 2018 IWRF ウィルチェアーラグビー世界選手権」の決勝が行われ、前回の覇者であり、リオデジャネイロパラリンピックの覇者でもある絶対王者オーストラリアを62‐61で打ち破りました。



予選リーグでは敗戦を喫しましたが、4勝1敗の成績でPool Aを2位通過。Pool Bを1位で通過したアメリカと準決勝を戦います。リオの時に同じく準決勝で当たり、延長の末に敗れた相手に対し圧勝を決め、勢いそのままに宿敵オーストラリアとの一戦に挑みます。ゲームは一進一退の攻防。息を飲むゲーム展開でした。しかしコートではケビン・オアーHead Coachの声をはじめ、仲間たち、そして皆さんの声援がコートで戦う選手の背中を押したのです。結果、最小得点差の1点差で世界ナンバーワンの称号を手に入れました。

ニュースや新聞には格上を倒したとありますが、選手たちは誰もがオーストラリアを格上だとは思っていませんでした。結びつかない結果を結び付けるだけでした。ケビンJAPANになってから、対話・連携・コミュニケーションを重視し、合宿などを重ねるたびに切磋琢磨する仲間へと昇華した結果だと思っています。もちろん、相手は結果を出し続けたオーストラリアですから、このままでは相手チームにおされると思った時に一番のチカラ、それこそは皆さんの応援なのです。その結果が世界ナンバーワンであり、応援いただいた皆様、スポンサーの皆様、スタッフや関係者の皆、そして家族に助けられてここまで来ました。

しかし、ここはまだ通過点です。2019ウィルチェアーラグビー ワールドチャレンジ(2019年10月19日~20日東京体育館にて)、2020年の東京2020パラリンピック大会と結果を残し、そこから先の未来へ突き進むことが大事だと私たちは考えます。
その先に進むために、これからも応援をお願いします。

ページトップ